ページの先頭です

一般社団法人日本生殖医学会

MENU
English
ホーム > 学会刊行物 > Reproductive Medicine and Biology

Reproductive Medicine and Biology

RMB誌にインパクトファクター3.239が付与されました

編集委員長からのご挨拶

会員の皆様に朗報をお伝えします。

2021年のインパクトファクターが発表されました。RMB(Reproductive Medicine and Biology)誌は、4.009と昨年の3.239から大きくアップしました。OBSTETRICS & GYNECOLOGY分野におけるランクは21位(85誌中)、REPRODUCTIVE BIOLOGY分野におけるランクは11位(31誌中)と上位にランクされています。これも、会員の皆様のご支援のおかげです。厚く御礼申し上げます。

RMB誌は、2002年に日本生殖医学会、日本受精着床学会、日本アンドロロジー学会のオフィシャル・ジャーナルとして発刊されました。そして、2016年にはアジア子宮内膜症学会が、2020年には日本卵子学会も加わりました。
現在、順調に投稿、掲載論文数が増え、年に60編以上の質の高いInvited ReviewやOriginal Articleが掲載されています。また、2002年の創刊号から掲載されている全ての論文がPubMedの検索できるようになっています。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/journals/3326/

我が国は、年間40万周期以上のARTが行われる世界一の生殖医療大国になっています。本邦の生殖医療・医学をさらに向上させ、その情報を世界に発信してゆくことは、生殖医療・医学に携わる我々の重要な使命です。日本が世界の生殖医療・医学を牽引していくためには、日本発の情報発信のツールであるRMB誌をさらに充実させていくことが重要ではないでしょうか。RMB誌が世界に誇れる生殖医療・医学の国際的英文雑誌として、さらに発展しますように、今後ともご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2022年7月吉日
日本生殖医学会編集担当理事
RMB誌編集委員長
杉野 法広

Online ISSN:1447-0578
発行:一般社団法人日本生殖医学会
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-17-17 アイオス永田町503

編集委員長からのご挨拶[PDF 689KB] 2021.7.15

編集委員長からのご挨拶[PDF 262KB] 2020.4.20

編集委員長からのご挨拶「Open Access Journal移行~RMBの大きな転換期~」[PDF 192KB] 2016.9.1

お知らせ・更新情報

電子ジャーナル

Table of Contents Alert配信先の登録[PDF 89KB]

電子投稿・査読

投稿規定

Instructions for authors

RMB検索と引用の手引き

関連文献の検索と引用情報の保管方法[PDF 2.35MB]

RMBの投稿に関するお問い合わせ

Reproductive Medicine and Biology編集事務局
〒112-0002 東京都文京区小石川一丁目28番1号
フロンティア小石川ビル4階 ワイリージャパン内
Email:RMB_EditorialOffice@wiley.com(電子メールのみ受付いたします。)

RMB優秀論文賞

このページの先頭へ