ページの先頭です

一般社団法人日本生殖医学会

MENU
English
ホーム > 関連学会・セミナー開催案内 > 日本学術会議主催学術フォーラム「新型出生前診断の広がりや遺伝医療の発展への対応:ヒトの遺伝と遺伝性疾患の正しい理解に向けて」の開催について(ご案内)

日本学術会議主催学術フォーラム
「新型出生前診断の広がりや遺伝医療の発展への対応:
ヒトの遺伝と遺伝性疾患の正しい理解に向けて」の開催について(ご案内)

1.日時:平成25年9月7日(土曜日)13時30分~16時30分

2.場所:日本学術会議講堂

3.趣旨
社会における遺伝リテラシーの定着と、遺伝医療の正しい発展のためにはどの様な方策や配慮が必要であるのか、教育関係者、人類遺伝学や遺伝性疾患・遺伝医療の専門家、行政関係者などにより、課題の所在を明らかにし、学術会議として何が出来るかを議論する。

4.プログラム(敬称略)
13時30分 開会の挨拶:山本 正幸(日本学術会議第二部長、かずさDNA研究所長)
13時40分 講演I:「新型出生前診断 指針作成までの道のり」
          久具 宏司(日本学術会議連携会員、東邦大学教授)
14時20分 講演II:「非侵襲的出生前検査の現状と課題」
          関沢 明彦(昭和大学教授)
15時 (休憩)
15時10分 パネルディスカッション(16時30分終了)
     (パネリスト):白石 直樹(都立豊島高校教諭)、
             櫻井 晃洋(札幌医科大学教授)、
             福嶋 義光(日本学術会議連携会員、信州大学教授)

司会:室伏きみ子(日本学術会議第二部会員、お茶の水女子大学寄附研究部門教授)

(問い合わせ・申し込み先)
日本学術会議HPに掲載している宛先
■参加費:無料
■申込
 以下のURLよりお申込み下さい。
 URL:https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0003.html
■問い合わせ先
 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
 〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
 電話:03-3403-6295/FAX:03-3403-1260

このページの先頭へ